自己紹介

「とうふ」と申します。日本女性です。日本語教師を約30年やっています。今は神奈川県にある私立大学で、留学生に教えています。好きな食べ物はとうふです。

2014年10月18日土曜日

「い形容詞」と「な形容詞」の接続の形

前回紹介した間違いは、下線の部分が違います。
よく見る間違い1.  大型猛烈台風 
よく見る間違い2.  強いで大型の台風 

まず、1.の「大型」について、
「大型」は名詞ですが、「ペンとノート」のような物ではなく、状態を表しているので、
「(~は )N だ。」という名詞文の接続の形「~で」にしなければなりません。
また、「猛烈N」について、
これはな形容詞ですから、「猛烈」にしなければなりません。

次に、2.の「強いで」について、
「強い」はい形容詞ですから、接続の形は「強くて~」にしなければなりません。

では、二つ並べて表現する場合の接続の形を整理してみましょう。
久しぶりに、この教室のアシスタント、猫のさくらの登場です。


「さくらは ~  だ。」の「~」に入ることばを用意しました。
い形容詞: 耳が大きい   顔が小さい   かわいい
な形容詞: 元気な     活発な
名詞:   雑種の     小型の

二つを組み合わせる場合、前に来る方の接続の形は次のようになります。
い形容詞 → ~くて
な形容詞 → ~で
名詞  →  ~で

1) さくらは、 耳が大きくて顔が小さい猫だ。       
2)さくらは、 かわいくて 元気な猫だ。
例3)さくらは、 元気で かわいい猫だ。
例4)さくらは、 元気で 活発な猫だ。

5) さくらは、 雑種で 小型の猫だ。

ちょっと複雑で面倒ですが、この規則をきちんと覚えたら正確さは大きくアップします!