自己紹介

「とうふ」と申します。日本女性です。日本語教師を約30年やっています。今は神奈川県にある私立大学で、留学生に教えています。好きな食べ物はとうふです。

2016年2月24日水曜日

「休みです」と「休みます」

先週はとても暖かくなって「春が来た!」と思ったのですが、今日はとても寒いです。暖かくなったり寒くなったり、天気がよく変わるので、風邪をひく人が多いですね。

風邪をひいて学校へ行くことができないと思ったら、いい学生は電話で連絡しますね。その時の言い方は、次のA・Bのどちらが正しいでしょうか。

すみません。熱があるので、今日は
A 休みです。
B 休みます。

「どちらも」ではありません!
正しいのはBです。Bだけです。
AとBは何がちがうのでしょうか。

A・・・名詞Noun〔休み〕+です。
〔休み〕という名詞の意味は、学校・会社・店などがやっていない日のことです。
例)「この学校の休みは土曜日と日曜日です。」
学校の授業がある日に自分が行かないときは、Aは間違いです。
学校は休みじゃありませんから。

B・・・動詞Verb〔休む〕→休みます。
こちらは、学校はやっていますが、自分は行かないという意味です。
今日これから〔休む〕ので、「休みます」と、ます形で言います。

もともと、動詞〔休む〕の意味は、何かをしていて疲れた時に、一度ちょっと止まるということです。山に登っているとき、仕事や勉強をしているとき、疲れたら〔休む〕ことは大切ですね。休むのは、また元気になって続けるためです。

風邪をひいて〔休む〕ときも、ゆっくり休んで元気になって、また学校に行くことが大切です。

では、こんな場合はどうでしょうか。
ある日勉強したくないので、学校をサボってしまいました。町へ遊びに行ったら、知っている人に会いました。
「あれ? 今日、学校は?」
さあ、あなたなら、この質問にどう答えますか。
A「今日は休みです。」
B「今日は休んでいます。」

さくらちゃん、今日は休みですか? 休んでいますか?