自己紹介

「とうふ」と申します。日本女性です。日本語教師を約30年やっています。今は神奈川県にある私立大学で、留学生に教えています。好きな食べ物はとうふです。

2015年2月9日月曜日

「て形」その3.「きって」「きいて」「きて」

前回は、「買う」「かって」と「書く」「かいて」を復習しました。
今回はちょっとレベルアップしましょう。

下の[  ]に入るのは、[ A きって  B きいて C きて ]
のどれでしょうか。

① 私の話を[   ]ください。
② 明日、9時にここへ[    ]ください。
③ このりんごをナイフで半分に[    ]ください。
④ 寒かったら上着を[    ]ください。

「て形」は同じでも、もとの動詞が違うものがあります。①~④に入る動詞は全部意味が違います。ルールを確認したい人は
を見てください。

答えを発表する前に、私が日曜日に行った場所を紹介します。
それは「きって」という名前のビルで、東京駅のすぐそばにあります。


KITTEビル

KITTEビルから見た東京駅


この名前は動詞の「て形」ではなく、郵便の「切手」から来ています。
古い郵便局の建物を残して、中を新しいショッピングセンターにしたもので、ファッション、雑貨、本屋、カフェなど、おしゃれな店がたくさん入っています。もちろん郵便局もあります。このビルからは、東京駅がよく見えます。

さあ、クイズの答えです!
① 私の話を[ B きいて ]ください。

② 明日、9時にここへ[ C きて ]ください。

③ このりんごをナイフで半分に[ A きって ]ください。

④ 寒かったら上着を[ C きて ]ください。

それぞれの辞書形を示します。ひらがなについている記号は、アクセントの高さです。
 聞く:き「く … Ⅰグループ
 
 来る:く¯  … Ⅲグループ

 切る:き¯  … Ⅰグループ

 着る:き「る … Ⅱグループ

②と④の「きて」は意味だけでなく、アクセントも違います。
 ②は  ここへ き¯ ください。

 ④は  上着を き「て ください。
のように、高い・低い が反対になります。